【決定】キャッシング無利息で即日融資は安心のコチラ

無利息キャッシングを上手に使って返済を楽にしよう

意外とバカにできない「無利息」の効果

法定金利を知っておこう

法定金利は貸金業法という法律によって定められています。この金利を超えた場合には罰則が科せられますが、ヤミ金などでは法定金利に縛られない貸付を行っているので気をつけましょう。

借入金額 上限金利
10万円未満 上限20%
10万円以上100万円未満 上限18%
100万円以上 上限15%

この上限金利は、借入額が小さければ金利が大きくなるというのが特徴です。
キャッシングで融資を受ける金額が少なければ、それだけ金利が大きく掛かってくるので無利息期間を利用するのは賢い選択といえます。

10万円借りたら利息はいくら?

■利息の算出方法

利用金額×利率÷365日×利用日数=利息金額

■10万円を30日借りた場合

10万×20%(上限金利)÷365日×30日=1643円

■30万円を30日借りた場合

30万×18%(上限金利)÷365日×30日=4438円

このように、たった30日借りていただけでも、相当な利息を払わないといけません。10万円を借りたら1643円、30万円を借りたら4438円。これだけのお金があれば、美味しいご飯だって食べられますし安い服だって買えちゃいます。
無利息期間のあるキャッシング会社を利用するだけで、この無駄ともいえる利息を支払わなくていいんです。

お金を借りる時に「利息」を気にする賢いあなたこそ、アコムなどの無利息期間があるキャッシングを利用しましょう。

審査落ちのスパイラルに落ちないように

1度審査に落ちると次にも影響しかねない

lady1

申し込み1社目の審査に落ちてしまうと、2社目の審査にも大きく影響してしまうので注意が必要です。

キャッシング会社が審査に使うのは「個人の信用情報」です。信用情報機関に登録されている記録を見て、1人1人の返済能力などを審査するのです。

キャッシングに申し込むと、この信用情報に「申込」の記録が残ります。その1社目で審査落ちをしたから、2社目に…という流れになりますが、2社目が閲覧する信用情報には、既に1社目の「申込」の履歴が残っていますよね。

普通に考えて、何度もキャッシングに申し込む人の返済能力は疑わしいと思われてしまいます。となると、2社目も審査に落としてしまうというスパイラルに陥ってしまいます。

審査落ちは、後々にも影響するものなので、「仮審査(事前審査)」を利用するのがオススメです。仮審査に落ちてしまっても信用情報に記録されるわけではありません。あくまでシュミレーションとして利用できますが、仮審査に通れば本審査にも通りやすくなるのは間違いありません。審査落ちが気になる方は、仮審査を活用しましょう。

実際の利息は借りなきゃ分からないブラックボックス

キャッシングの法定金利については上述していますが、その上限の金利が必ず適用されるわけではないことを知っていますか?

正確に表現すると、上限の金利が適用されるケースと、それよりも低い金利が適用されるケースがありますが、正しい金利を事前に把握するのは現実的には不可能ということです。

どういうことかは、キャッシングの成り立ちを考えれば自然と見えてきます。

キャッシングの特性から見る利息

lady2キャッシングは、申込んだ当日に融資をしてもらえる特殊なお金の借り方といえます。

従来のお金の借り方と言えば、銀行で使途が明確なローン(住宅ローン、教育ローン、マイカーローンなど)に申し込みをし、保証人や担保をつけた上で何日もの審査を経てお金を借りるという手順を踏んでいました。

スピード感に欠ける事、借りたお金の使い道が限定されている事、保証人や担保が必要な事。

この3つの特徴が、従来までのお金の借り方でしたが、キャッシングではその正反対の特徴を持っています。具体的に言えば申し込んだその日のうちに融資を受けられる事、借りたお金は何に使っても良い事、保証人や担保は不要な事ですね。

そうした誰にでも利用し易い特徴を持っているからこそ、キャッシングがここまで普及した要因です。

特に重要なのは、「保証人や担保が不要」という点です。

キャッシングにおいては、申込んだ人の「信用情報」のみを基準に審査を行うことで、即日融資を可能にしています。

つまり、お金だけを借りて夜逃げをするという最悪のケースが起きたとしても、金融会社側からすると保証人や担保がいないので回収が困難となります。

その貸し倒れの「保険」として、通常のローンに比べて利息が高めに設定されている仕組みです。

ここでもう一度おさらいをしておきましょう。
キャッシングは個人の信用情報のみを選定基準として審査を行い、お金を貸すシステムです。

この信用情報というのは、年齢、職業、年収、今までのクレジットカードやローンなどの取引履歴などを元にはじき出されるもので、人それぞれに違いがあります。

特に大きな要因となるのが、職業です。これは年収にも直結するところなので、その人の返済能力をうかがい知る事ができます。

国家公務員として10年のキャリアがある人と、大学卒業して5年間のニート生活の後に派遣社員として働き始めて5年の人とでは、その信用力が違うのも当然ですよね。

ここで、この2人が同じ金融会社にキャッシングを申込んだとしましょう。(希望する融資額も同じとします)

二人とも審査に通った場合、金融会社からするとどちらが貸し倒れのリスクが高いかは明白ですよね。

ここで二人に利息の差が生まれます。

先ほど、利息は融資した際の貸し倒れの「保険」としての意味もあると述べましたが、この二人の間で「保険料=利息」が変わるわけですね。

つまり、申し込みをした人の信用情報によって利息の数値は変わるということです。

だからこそ、金融会社のホームページ上に書いてある利息は参考程度にしかならず、実際に借りてみるまでは本当の利息は分からないということになります。

このページの先頭へ